Home / 旅行記事 / 九州 / 鹿児島かき氷「白熊」食べ比べ!天文館むじゃき vs 喫茶ママ

鹿児島かき氷「白熊」食べ比べ!天文館むじゃき vs 喫茶ママ

しろくま 喫茶ママ 天文館

九州は鹿児島に来たら食べてみたかったもの、それは…白くま(白熊・しろくま)!

あのれん乳たっぷりフルーツどっさりなかき氷は、写真を見ているだけでも…じゅるり、でした。そんなおいしそうなもの、やっぱり本場で味わいたいじゃないですか!

ということで、元祖白くまの「天文館むじゃき」と、地元民がこよなく愛するマニアックな「喫茶ママ」を食べ比べレポート!



スポンサードリンク

天文館むじゃき

しろくま むじゃき天文館本店

まずは王道中の王道、天文館(鹿児島の中心街)にある、天文館むじゃきへ。行列を覚悟で行ったのですが、この日は荒天と言うこともあり、さらっと店内へ。

驚いたのは、カフェか甘味処だとばかり思っていたら、中華料理店だったこと。ラーメンと白くまのセットや、ふつうにチャーハンを食べている人などがおりまして、店内のBGMも中華料理店でかかるあの感じ。たまげるわ。

 

しろくま むじゃき天文館本店

して、こいつが白くま!本家本元の白くま。メニュー上は白熊だったかな?見た目が白熊の顔っぽかったことで、付けられた名前だそうです。ちなみに写真はレギュラーサイズ。

 

しろくま むじゃき天文館本店

あきらかに、でかいです。ランチ後だったので、こんなにたくさん食べられるかな…と思っていたんですが…

うまい!

とにかくうまい!

本家の白くまってこんなにうまいのか!!!と思うくらいにうまいんです。果物も良いアクセントなんですが、そもそもの氷とシロップ、れん乳がうまい。聞けば自家製なのだとか。氷も「かんな削り」とのことで、ふわっと消えていく感じでした。いやーこれは人気でますよ。行列店なのも納得。まわりも白くま率100%で、帰る頃には外も大行列に。持ち帰り用の白くまも売っているため、お店の外で立ち食いしている人も少なからずおりました。大人気なんですね…。

お値段は683円。むじゃき円…ではないみたい。他にもトッピングのある様々な白くまがありました。総本山というのにも納得です。たくさん食べられない人にはベビーサイズもありますが、これはレギュラーでいってほしいですねえ。

氷白熊(しろくま)の本家 – 天文館むじゃき

ということで、基本となるむじゃきは味わった!次は地元の人推しの、喫茶ママへ!

 

次のページへ続く↓↓

「鹿児島市内でももはや『伝説』になってしまった「喫茶ママ」とは!?」


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。