Home / 旅行記事 / 広島 / 電光石火@広島で次世代広島風お好み焼きを堪能する #dw_hiroshima

電光石火@広島で次世代広島風お好み焼きを堪能する #dw_hiroshima

電光石火 Denko Sekka

広島風のお好み焼きと言えば、つぶして、かるーく焼き上げる!というのが特徴だと勝手に思っています。そんな広島風の標準からは外れつつも、とてもおいしいお好み焼きを出してくれるお店があります。それがこちらの「電光石火」です。



スポンサードリンク

広島風なのにふわっふわ!

電光石火は広島風なのに、ふわっふわのお好み焼きが食べられるお店です。

場所は広島駅から徒歩5分ほどのビルの中。フロアは「ひろしまお好み物語駅前ひろば」というお好み焼き村になっていました。

電光石火 Denko Sekka 

して、この混みよう。この特はもう22時を回っていてそろそろ閉店も見えてきていたはずですが、驚きの満席。評判のほどがうかがえます。

 

電光石火 Denko Sekka

焼きまくる店長。よく見れば、一人で7枚をさばいています。ひえー。

この電光石火の特徴は、前述の通り野菜を焼く時に上から押さえないこと。広島風お好み焼きって重ねてつぶして重ねてつぶして、というのがスタンダードだと思うんですが、こちらのお好み焼きは、それとは違います。

 

電光石火 Denko Sekka

ほら見てよ。このふんわりこんもり具合。今回頼んだメニューはお店の看板を背負った「電光石火」というお好み焼き。なんとシソ入りです。

 

電光石火 Denko Sekka

切ってみたところ。本当にふんわり積まれています。これがうまいんだー。シソのさっぱり風味が、飲んだ後にはばっちりでした。というか、これ、新しい味と食感だわ…。

 

聞けばこの電光石火、いま広島の中でもニューウェーブ系として話題なのだとか。みっちゃん系、八昌系に次ぐあたらしい勢力となるのでしょうか?でも美味しいからありだよなー。

ということで、広島駅からほど近いので、お時間があればぜひ。

広島のお好み焼き・鉄板焼きを食すなら【電光石火/DENKO-SEKKA】

関連ランキング:お好み焼き | 広島駅駅広島駅猿猴橋町駅

 

【特集】海の風景を楽しもう ~海軍ゆかりの町・呉と平清盛ゆかりの音戸の瀬戸 | DISCOVER WEST ディスカバー・ウェスト:JRおでかけネット

 


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。