Home / 製品/サービスレビュー / イベントレポート / 歴史の見える丘…戦艦大和ができた巨大ドックを一望する #dw_hiroshima

歴史の見える丘…戦艦大和ができた巨大ドックを一望する #dw_hiroshima

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

ディスカバーウエストのレポートも粛々と進んでおります。季節性の高い場所ではないため、いつ行っても楽しめるのがいいですね。今回ご紹介するのは、呉駅からタクシーかバスで5分ほど高台に登ったところにあります、通称「歴史の見える丘」です。こちらの特徴は、巨大で巨大な呉のドックを一望できること!かの戦艦大和が作られた秘密の工場も見ることが出来ます(なんと建物が残っているのです)。



スポンサードリンク

毎度のことではございますが、スケールがわかりません

これだけ書いていて自分でもこの言葉に飽きてきていますが、本当にスケールがわかりません。今回かなり広角のレンズを持っていったのですが、それでも普通にフレームアウトしますので。

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

こちらが、その風景。中央には自衛隊の軍艦が整備をしている姿を確認できます。そもそもドックもクレーンもわけのわからない大きさです。

 

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

望遠ズームするとこんな感じ。

 

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

左手にあったのが通称「大和のふるさと」。その名の通り、戦時中、戦艦大和を秘密裏に作り上げた工場です。実はこの骨組みは当時のまま。なんと、残っているのです。現在はドックで無く資材置き場になっているそうですが、現存していることに驚きを隠せません。

 

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

多少キレイになってはいますが、中はまだ当時のものがそこそこ残っているそうです(タクシーの運転手談)。ちなみに同じくタクシーの運転手さんによれば、当時は秘密を守るために、この丘に登ることが禁止されており、民家にもこの景色を見せぬよう窓には目張りがされたのだとか。これら禁を破って丘や山に登ったりしようものなら、スパイの疑いをうけ、最悪の場合は…という状況であったそうです。なので、当時の人々はこの港の姿を知らなかったのだとか。

ただし残念なことに米国には情報がつつぬけで、あまり意味が無かったようだ…とも教えてくれました。なんともやるせない話ですね…。

 

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(歴史の見える丘)

「キリン」と呼ばれる港特有のクレーンがそこかしこにある景色は圧巻でした。願わくば、この地がずっと平和な観光地でありますように。

【特集】海の風景を楽しもう ~海軍ゆかりの町・呉と平清盛ゆかりの音戸の瀬戸 | DISCOVER WEST ディスカバー・ウェスト:JRおでかけネット


assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。