Home // 製品/サービスレビュー // イベントレポート // 【余市蒸留所】リチャーからの樽再生大作戦 #余市

【余市蒸留所】リチャーからの樽再生大作戦 #余市


週末ごとの集中レポートでお送りしております、ニッカさん(アサヒビールさん)×AMNのマイウイスキーづくりブロガーイベント@余市蒸留所。おまえいつまで書くんだ!と言われそうですが、やっと2日目にはいったばかりなので、まだ続きますw

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

2日目も快晴!では行ってみましょう!



スポンサードリンク

まずは樽についての座学から!

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

まずはいつもの部屋に集合して、樽についての座学を受けます。それにしても気持ちの良い天気。事前に寒い寒いと言われていたのが嘘のような春の陽気です。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

さて、樽について。材質は主にブナ科コナラ属の気となります。いわゆるオーク。日本の場合はオリジナル樽を作っていたりもします。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

樽の構造。あの穴はダボ穴というのか…。樽はこの図のように湾曲していて、それを鉄のベルトで止めております。1枚1枚の板の隙間にはガマ(蒲)の葉を挟んでパッキンとします。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

樽の大きさ・種類について。メジャーなのはバーボン樽、シェリー樽かと思いますが、こんなに大きさが違うんですねえ。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

樽は新樽→利用→活性化→活性樽として私用→再利用といった感じで寿命を迎えます。だいたい30~50年。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

樽にとって大事なことは…とうぜん漏れないことですが、熟成品質の目標からそれないことも大事です。もちろん価格・供給量も。あまりマニアックでも困るってことですね。

さて、樽について十分学んだところで、樽についての作業を行うこととなります!

 

さあ楽しいリチャーだぞ

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

さあ、次は樽の作業所へ向かいます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ここ!ここに来たかった!嬉しい!

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

製樽工場!

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

おお、樽材が積んである。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

フォークリフトかっけー!

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

これらが道具です。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

さて、ではこの使い古された樽を再生します。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

フタを外しました。

中は黒いです。前にもリチャーしてある樽っぽい。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

さて、ここ余市では「リチャーマシン」なるものがありまして、リチャーは完全自動で行われます。ほー。安全ですね。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

こいつがリチャーマシン。柄の先からは炎が、そして下は樽を回します。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

最初はアルコールが残っているため、こんな感じの炎が出ます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ゴワワアッワアワワワ(すごい音がしています)

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

だんだんと炎の色が変わってきます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

アルコールが飛ぶと、こんな赤い炎に変わります!おお、焦げてるにおいがする。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

最終的にはこんな感じで激しく!

 

動画もあるよ!

ぐわーー!!

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

最後に消火して終了です。
余市蒸留所 マイウイスキーづくり

水をかけて確実に消火します。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

焼きたてほやほやの樽。うわあいいにおい…。写真ではお伝えできないのが残念です。

さて、ここから樽を作り直すこととなります。

 

参考までに、樽はこんなに湾曲しているんだよという例です。

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

こんなに!?

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

噂のガマの葉。いまは輸入物を使っているとか。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

さて、こんな感じで樽を開いて、隙間にパッキンとしてのガマの葉をさしていくことになります。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

まずはこう楔を打って…

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

開かせます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

隙間にガマの葉が通っているのがわかりますか?

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

こんな感じ。

 


余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ではやってみましょう。

 

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

打ち込んで

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

開いたらガマの葉を挿入。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

こんな感じでどんどん差し入れていきます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

最終的には全ての板の隙間に葉っぱが挟まれます。もちろん余分な部分は切り取りますよ。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

おおー。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

で、切り取った後。見慣れた感じになってきました。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

完了!

 

さて、パッキンを詰め終わったら、最後に鉄輪をはめて樽をがっちり隙間無くします。


余市蒸留所 マイウイスキーづくり

その際に使われるのは、これまたオリジナルの樽マシーン。清水鉄工所が作ったいかすマッシーンです。昭和60年だから、もう30年近く使っていることに。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

年季の入った操作盤。こいつで

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

この謎のマシーンを操作します。え、いったいどうなるの!?

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

まずはマシーンの下に樽をセット。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

そう、このマシーンは各腕を鉄輪に引っかけて、強引に樽にはめていくためのもの。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

樽を持ち上げると、鉄輪がどんどん樽の中心部にむかってはまっていきます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

これ以上はめたら鉄輪がはじける!というところで樽を外して完了となります。

ところでこうやって1人で巨大な樽を扱えるようになるまでに、数年かかるみたいですね。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ではやってみましょう。微妙なレバー操作が求められます。やりすぎると「バッチーン!」と鉄輪がちぎれます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

はまってく…。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ちなみに右が新しい鉄輪、左が使い古した鉄輪。かなりさびますね。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

微妙に角度がつけられているのがわかります。この角度が樽にフィットするわけです。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

これは樽の底面。一見して穴があるようには見えませんが、実は木の目に微妙な隙間がある時があって、わずかに漏れることがあるそうです。もちろんその場合にはふさぎます。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

はい、樽づくり完了!

職人技がかなり求められる、繊細な作業でありました。ウイスキーづくりって職人技が多くてほんといいわ。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

そして次はついにウイスキーの樽詰めです!

 

 

なお、本エントリの残りは趣味の工場写真です。

 

製樽工場フォトセット!

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

ボタン萌え。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

燃焼温度!

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

焼き加減。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり


余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

道具たち。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

必ず着用!

 

それにしてもやっぱり工場って面白い。そして職人って最高!

さあ次だ!

(つづく)

 
 余市蒸溜所|蒸溜所紹介|ニッカがおいしい理由|NIKKA WHISKY




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA