Home // 製品/サービスレビュー // イベントレポート // 「余市蒸留所マイウイスキーづくり」はスタートからモチベーションが振り切れる #余市

「余市蒸留所マイウイスキーづくり」はスタートからモチベーションが振り切れる #余市


先週末、AMNのイベントで北海道は余市蒸留所まで「マイウイスキーづくり」体験のために行ってまいりました。今回は旅費の一部と「マイウイスキーづくり」の費用をニッカさん(アサヒビールさん)が負担してくれるという、大変ふとっぱらな企画です。ということで今回は長そうなので、何回かにわけてお届けします。



スポンサードリンク

余市蒸留所についておさらい

さいしょに、余市蒸留所についておさらいしておきます。場所はその名の通り、北海道の余市町。余市町までは、新千歳空港から空港エアポート快速で小樽まで行き、そこからJRに乗り換えることになります。だいたい1時間半~2時間くらいで到着ですかね。小樽から先の本数が少ないので、そこの接続が鍵となります。ただまあ、小樽からはバスのほうが本数もあって良いという噂もありますが。土日であれば、新千歳空港で「お散歩切符」なるものを買うとお得です。

さて、余市です。


大きな地図で見る

場所はこんな感じ。余市駅のまさに目の前。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

駅構内にも樽が。そんな樽を横目に外へ。このね、駅を出た瞬間に見える蒸留所の門構えが良いんですわ。

 

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

わかります?ズームするとこんな感じ。

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

おおっ!

 

 

余市蒸留所 マイウイスキーづくり

 

どどーん!これは創業当時から変わらない佇まいだそうです!ちなみにですが、僕は2度目でありました。

前回の余市蒸留所(Flickr)

 

前回は単に見学で、友人の結婚式に北海道まできたついでに寄るという超強行軍でした。でも楽しかったなあ。

さて、そんな余市蒸留所にですね、まさかこんな短期間で2度もくるとは誰が思ったでしょうか。しかもしかも、今回は「マイウイスキーづくり」ですからね!

 

マイウイスキーづくりって何よ?

で、マイウイスキーづくりですよ。コレは何かと言えば、余市蒸留所内でウイスキーを作る工程の一部に参加し、最後には樽詰めを行ってそれを貯蔵、10年後にそのウイスキーが送られてくるという夢のような企画なのです。聞けば毎回すごい倍率になるとのことで、今回ブロガーイベントとして企画されたことは幸運としか言いようがありません。

ということで、前回とは違ったワクワク感をもちつつ門をくぐります。

テンション振り切れるぜこの「つなぎ」は

門をくぐるとさっそく作業着に着替えます。が、ここでテンション振り切れな事態が!なんとなんと、つなぎが余市蒸留所オリジナルなんですわー!

余市蒸留所 マイウイスキーづくり 余市蒸留所 マイウイスキーづくり

いいねー!つなぎはけっこう着ていたけど、これはかなり良い感じ。背中のロゴもたまらない。ちょっとこれ、持ち帰らせてくれないかな(もらえません)。モチベーションあがるなんてもんじゃねえなこれは。

 

ということでウイスキーづくりイベントの最初から盛り上がってきました。こんなんで、これからどうなっちゃうの!?

 

(つづく)

 

 




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA