Home // 製品/サービスレビュー // 携帯/スマホ // F-09C // F-09Cでフォレストアドベンチャー・フジを攻略!

F-09Cでフォレストアドベンチャー・フジを攻略!

富士の麓…といってもライバル山梨側ですが、そこにあるフォレストアドベンチャー・フジにF-09Cをひっさげて行ってきましたので、ちょっと遅くなりましたがレポートをば。



スポンサードリンク


 

フォレストアドベンチャーとは?

フォレストアドベンチャーとは、公式サイトを引用すると

フランス語で【La foret de l’aventure】。直訳すると【冒険の森】。
1997年にフランス・アヌシー郊外でALTUS社がはじめた森のレジャー施設の名前です。
当初はフランスとスイスの企業研修用に作った施設でしたが、評判がよかったため
一般に開放するようになりました。

このパークの最大の特徴は、自然の立ち木をそのまま利用してコースにすることでしょう。
木の上に作られたプラットホームと呼ばれる足場に登り、そこから別の木へ空中を移動していきます。
標準的なコースで35-40のアクティビティがあり、所要時間は個人差がありますが、2-3時間楽しむことができます

簡単にいうなら、安全を保ちつつ、数m以上の木に登って、決められたアクティビティーを楽しむ!というアトラクションパークですね。

こんなの子供の頃から木に登っていた僕なら楽勝だぜ!とか思っていましたが、さすがメインは大人向けの施設、想像以上にハードな部分が何カ所か有りましたよ。以下、簡単にご紹介。ちなみに写真も動画も全てF-09Cで撮影しました。

 

フォレストアドベンチャー・フジはこんなところ。

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

ウェルカム!

 

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

安全には設計されていますが、やってはいけないことをすると、下手したら死にます。ということで注意書きを見つつ、ハーネスをつけてもらったり、講習を受けたり。

 

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

これはジップラインというアクティビティ。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

ディスカバリーコースとアドベンチャーコースがあります。ディスカバリーのほうが楽です。といっても、縄ばしごで木に登ったり、ターザンしてしがみついたりと、思いのほかハードです。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

僕らの命を繋ぐ、カラビナ、プーリー。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

ジップラインはこんな眺め。向こうからプーリーでスライドして飛んでくるわけですね。

動画だとこんな感じ。

[youtube width=”560″ height=”349″]http://www.youtube.com/watch?v=Wl9ORdJf2pU[/youtube]

 

もういっちょう!

[youtube width=”560″ height=”349″]http://www.youtube.com/watch?v=bHR1BQ78F5g[/youtube]

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

カラビナとプーリーをたよりに、若干ありえないような道を通っていきますw

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

こいつに何度命を預けたことか…。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

一番高いところで12~14mくらいだそうです。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

この高さ、伝わるかな。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

途中から雨が降ってきて、本格的にハードなアトラクションとなりましたwそれでも撮影を続けられたのは、防水ケータイのF-09Cだからですな。ただ、雨が降ってくると若干タッチパネルで苦戦するかもですね。でもキーが付いているから関係ないか。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

飛ぶ!

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

この視点でわかっていただけるように、相当高いです。

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

いま体の角度が45度を超えています。

最後にはこんな長いジップラインも。まさに谷越え。落ちたら死んじゃうどころか、捜索しないと見つけてもらえないレベルです。

[youtube width=”560″ height=”349″]http://www.youtube.com/watch?v=2z48BTJ2YmQ[/youtube]

 

でも1日中森の中で遊ぶのは楽しかったなあ。子供の頃みたいだった。

 

帰りは「ほうとう」で締め!

 

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

やっぱり山梨に来たなら、うどんかほうとうでしょう!ということで、地元の名店「小作」に。想像以上のボリュームに、みな苦戦しておりましたw

甲州ほうとう 小作

 

 また行きたい!

F-09C フォレストアドベンチャー・フジ

いやあ、フォレストアドベンチャー楽しかったよ!また行きたい!聞くところによればフジが一番ハードに作られているそうです。女性には若干厳しいところもありますが、この楽しさには代えられません!

 

最後に注意点

想像以上に汚れますので、汚れてもいい格好をしたほうがいいですね。特に靴がドロドロになるでしょう。雨がふると汚れも加速します。ちなみに現地にはロッカーやシャワーはありませんので、覚悟の上。

帰りは近隣の日帰り温泉がいいですね。僕たちはここに寄りました。

山中湖温泉 紅富士の湯 – 公式ホームページ

あと講習会があるので、予約していくのが無難だそうですよ!
フォレストアドベンチャー・フジ/自然共生型アウトドアパーク フォレストアドベンチャー

 

最後にもう1度言っておきますが、写真も動画も全部F-09Cで撮影しました。もう…コンデジいらないかな…。

 


 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中




この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。


この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA