【未確認】FFの新作における召喚魔法が一部判明

エイプリルフールのネタ記事エイプリルフール

Translate:

人気ゲームを提供し続けているスケーア・エディックス社のメインタイトル「ファイナル・ファンペルシー」の召喚魔法を中心とした最新情報を入手することに成功しました。

まず気になる世界観ですが、基本的には現実路線を踏襲しつつ、若干のファンタジー感が、ストーリーだけならずビジュアルにも反映されているそうです。特にその影響を受けているのが召喚魔法。そもそも名称が「召喚魔法」から「あいさつの魔法。」に変更されるというから驚きです。

「あいさつの魔法。」は新しい挨拶を覚えるごとに召喚できる仲間が増えるという「ラーニング方式」。たとえば町の人と「こんにちわ」という挨拶を一定量交わすことで、

  • こんにちわ→こんにちワン

という召喚魔法を覚えることが出来ます。資料によれば

こんにちワンはその俊敏なスピードと鋭い牙で相手の肉をえぐります

とのこと。ただし威力は小さいようで、前作までの「チョロボキック」みたいなものでしょうかね。

他にも

  • ありがとう→ありがとウサギ(回復系)
  • こんばんわ→こんばんワニ(???)
  • さよなら→さよなライオン(複数の効果があるらしい)

などの「あいさつの魔法。」が公開されています。「さよなライオン」などはイベントで仲間との別れを経験しなければ覚えられないようで、いったい誰と別れなければいけないのか!?というところが気になります。

なお、公開された召喚ビジュアルがYoutubeにありましたので、貼付けておきます。

ぽぽぽぽーん…は連続魔法でしょうか?複数の召還獣を一気に召還しているようで、凄まじい威力が期待できそうです。

それにしても、想像よりずいぶんとハードコアな感じですね…。こんなゆるゆるした世界でFFっぽいストーリーが進行されることを考えると、頭がギャップについて行けなさそうです。うむむ…。

エイプリルフール2011作品集