F-03Cでぼかし強調撮影を試した!

2015/01/03F-03C写真記事

keitai7-airoplane02

ついにF-03Cを使い始めました!が、まずは富士通ケータイ共通のカメラ機能「ぼかし強調」を試してみました。

どれくらいぼけるかチャレンジ

まずは待ち受けサイズでぼかしにチャレンジです。なおぼかし撮影には「被写体から20〜30センチ離れ、さらに被写体から背景までは十分に距離をとること」という条件があります。

今回の撮影状況ですが、手前の猫までがカメラから約20センチ、その後ろの猫が40センチ、一番後ろの「手のりたま」までは約50センチとなっております。キッチンあたりはカメラから約1mですね。

ではご覧ください。写真は左からぼかしなし→ぼかし弱→ぼかし強です。3枚の撮影位置が微妙にずれていてすみません…。

F-03C 待ち受けサイズ ぼかしなし F-03C 待ち受けサイズ ぼかし弱 F-03C 待ち受けサイズ ぼかし強

ふむふむ。ぼかし強だと30センチより後ろは相当ボケているのがわかります。

では次に最大サイズの12Mで同様に撮影してみます。こちらもやはり写真は左からぼかしなし→ぼかし弱→ぼかし強です(環境によっては3枚目の写真が下段にいっているかもしれません)。

F-03C 12Mサイズ ぼかしなし F-03C 12Mサイズ ぼかし弱 F-03C 12Mサイズ ぼかし強

なるほどねー。こちらは50センチの手のりたまが少しぼけ始めている程度ですね。

まとめ

写真からなんとなくわかっていただける気がしますが、待ち受けサイズと最大サイズではずいぶんとぼかしの効き具合が異なるようですね。画像サイズが小さいほうが良い感じにボケるのかな。

どちらもキッチンはよくボケていることを考えると、画像サイズとぼけはじめるまでの距離が画像サイズに関係しているのかもしれませんね。このあたりはまだまだ研究の余地がありそうです。

なお、参考までに両サイズ・ぼかし強調 強で撮影した写真のExifデータを公開しておきます。Flickrで個々の写真からも確認できますけどね。

F-03C 待ち受けサイズ ぼかし 強 Exif F-03C 12Mサイズ ぼかし 強 Exif

基本的にはぼかしは画像処理なので、絞りなどはあんまり関係ないみたいですね。モードはマクロになるみたいですが…。

ということで、ぼかし強調モードを試してみました!なかなか面白い絵がとれるんじゃないかと思いますので、カメラで遊ぶにはもってこいですね。

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

2015/01/03F-03C写真記事

Posted by norio nakayama