F-01Cは開発秘話を聞くだけでゾクゾクする携帯だった!

ARROWS F-01CF-01C, モバイル

Translate:

keitai7-airoplane01

ついに始まりましたケータイ会議!1年ぶりの参加ということでワクワクドキドキな感じです。

よーし本体のレビューしちゃうぜ−!と行きたいところですが、開発周りの方から聞いたF-01Cの話がかなり衝撃的だったので先にそちらをご紹介。

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

ドコモ公認の「激速」ケータイ

F-01Cのすごさは「激速」という言葉に表れているほどの凄まじい反応速度。

これ、ドコモのパンフレットにも載っているわけですね。

  • 「あれってドコモ公認なんですか?」

と聞いてみたところ、なんと

  • 「ドコモさんに公認していただくために、F-01Cが最速である検証を行って説得した」

との力強いお答えをいただきましたw すごい話です。つまり自他共に認める「激速」であるわけですね。ちなみに「感激するほど速い」から「激速」ケータイみたいですよ。

防水の機構が変わった!

F-01C 背面

この裏ぶたを開けた写真を見て「おっ」と思った方は、富士通携帯のヘビーユーザですね。そう、裏ぶたの防水機構が変わったんです。電池側に付いていた金属フタはなくなり、代わりにフタの方に金属板が付きました。細かいことですが、こちらのほうがぜんぜん良いです。

ちなみに全体的な防水機構の見直しが行われ、防水にかける面積が削減され、それがそのまま基盤容量増加につながったようですよ。機能アップのために総合力が問われているんですね…。

ワンセグ感度が格段に上がった(らしい)

これも内部的なものですが、防磁シールドの性能が向上したようで、ワンセグの感度が著しく上昇したとのことでした。さらにアンテナまで付いたと言うことで「ワンセグは他社並みになりましたw」との安心した台詞を聞くことが出来ましたよw

ちなみに…埼玉の我が家では、F-03Bと同じく映らなかったりして…場所の問題…ですよね。

カメラの起動も爆速

携帯カメラの問題点でもあったカメラ起動時間を0.5秒までに短縮したそうです。そりゃすごい!

確かにはえええ!!!

ちなみにBGMでかかってるのはこれ。

Live at the Regal
B000002P72

究極までチューニングしまくった

とにかくF-01Cは速いんですが、その理由というのはどちらかといえばチューニングに依るところが大きいそうなんです。メニュー画像も1枚ずつ表示するのか、1枚絵で一気に表示するのかなどを吟味し、とにかくコンマ単位でのスピードを求とか。

思えば富士通携帯って、春モデルからOS変わりましたよね。実機登場から半年でここまで作り込めるって…むしろ逆に言ったら他のメーカーって…いやいや、なんでもありませんw

とにかく期待が膨らむ!

ということで、現在おサイフケータイを移行中です。あとはSDカードでバックアップ→復元をすることによって中身を移し替え、晴れてF-01Cデビューとなります。今後のレビューをお楽しみに!

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ