Home // 製品/サービスレビュー // イベントレポート // クラブメッド・バリでお気楽ごくらく新婚旅行 その1

クラブメッド・バリでお気楽ごくらく新婚旅行 その1


CLUB MED BALI

先日のエントリーでご案内しましたとおり、クラブメッドのリゾート体験モニターに当選いたしまして、バリまで旅行に行ってきました。実はこの旅行、新婚旅行だったりします。というか僕、海外もはじめてなんですけど(笑



スポンサードリンク

確認しますが、オールインクルーシブです

クラブメッドの特徴といえば、料金に全てが入っているところ。この全てというのは、航空料金からサーチャージ、メッドでの宿賃、飲食(もちろんアルコールも)、中でのアクティビティまで全てです。ですから、メッド内で遊んで飲んだくれている分には基本料金以上なにもかかりません。ですから、基本的にこのレポートで出てくるものは全てお金を払わないで飲み食いしています(外部の観光地レストランを除く)。

まずは成田空港まで行こう

まずは大宮から成田空港まで行きます。これにはONライナーという高速直行バスを利用しました。だいたい大宮駅西口から成田空港まで2時間程度。今回はJAL利用だったので第2ターミナルで降りました。そもそも飛行機に乗るのも3回目(香川に往復したのみ)なのでドキドキしてきましたよ(笑

CLUB MED BALI

この機械で簡単にチェックインできます。実際にはすでにWebチェックインを済ませていましたが、さらに良い席が選べるかも!ということで、もう一度座席の選択をしました。結果、多少なりとも良い席をゲット!

CLUB MED BALI

最近はドコモのブースがあって、海外でも使えるように、またパケ死しないように設定をしてくれます。とっても親切。ちなみに写真ではお兄さんが写ってますが、いつもは展示会場みたいな格好したおねーさんがやってくれるようですよ。

CLUB MED BALI

さて、飛行機は飛ぶかなーと確認すると、ゲートが変わってるみたいです。でもその前にどこのゲートだったか知らないので、あんまり影響なかったです(笑

ちなみにバリに行く時はデンパサールという空港に着くみたいですね。

CLUB MED BALI

今回はこの子に乗ります。15時半出発だったので、だんだんと日が落ちてきています。

CLUB MED BALI

別の飛行機が飛んでいきます。夕日が美しくなってきました。このタイミングで飛ぶと空の上がきれいそうなのでテンションがあがります。

飛びました!

ちなみに飛ぶ前後は電子機器の電源を切らなければいけないので飛んだ直後の写真はありません!

CLUB MED BALI

CLUB MED BALI

CLUB MED BALI

飛行機からの景色ってきれいなんですね…バリに着く前からテンション上がりすぎてどうしようかと思いました…。ちなみにこの時点で100枚以上写真を撮っています。充電器持ってきてよかったー。

デンパサールに到着

8時間ほどのフライトを経て、デンパサール空港に到着。バリはのんびりしているので、税関やら入国手続きに時間がかかると言われていましたが、実際には30分ほどで通過することができました。事前に入国ビザ用の10ドルを用意しておけと指示があったので、ビザ申請もスムーズです。というか、お札を渡すと額面確認せずにビザ発行してくれたり(笑

ポーターに気をつけて!という注意も何度かあったので、ポーターに「NO!NO!」と言いつつ空港出口を目指します。出口の直前には両替所が大量にあって、まるで客引きのように「レートはいっしょだよ〜」と囁いてきます。すげーとことだ、ここは…。

空港の出口に着くと、クラブメッドのボードをもった人がいて、クラブメッドバリまでクルマで連れて行ってくれました。ついに、ついにクラブメッドに到着します。

なおバリ市内には信号がほとんどなく、交通も無法直前みたいな感じで結構怖いです。とにかくバイクが多くて「よく事故らないなあ」というのが第一印象でした。

さあ、メッドに着きますよ。

クラブメッドバリに到着!

クラブメッドバリは、ヌサドア地区というリゾートエリアにあって、このエリアに入るときに1度、メッドに入る前にも2度のセキュリティチェックがありました。なんでもテロ以降は徹底した管理を行っているとか。観光で財政がなりたっているバリは安全をアピールすることで観光客の減少を防いでいるわけですね。

そんなこんなでメッドに到着です。

CLUB MED BALI

なんともアジアな感じ。入り口のセキュリティが厳重な反面、中はとってもオープンな感じです。なんでも、建物自体は結構な伝統があって、昨年内装だけリフォームしたとか。確かにすごくキレイでした。

CLUB MED BALI

ちなみに到着時点ですでに0時に近いくらい。かなりの空腹感を感じつつ、クラブメッド日本人スタッフから歓迎(ウェルカムドリンクつき)を受けます。あと簡単な内部の案内も。質問のタイミングがあったので「空腹で仕方がないのだけど、どこかで何か食べられますか?」と聞いたところ、残念ながらレストランは閉まっているとのこと。しかーし、部屋にインスタントだけど軽食を用意してくれているそう。これは親切だ。

ということで部屋に向かいます。

恐るべしハネムーン仕様

先にも書いたとおり、今回の旅行はハネムーンであります。ちなみにクラブメッドのシステムには「ハネムーナーオプション」というものがあって、追加料金無しでハネムーン仕様にしてくれるそうなのです。それは今回のモニターでも変わりなく、嬉しかったですね。

ということで部屋に着くと…あせdfgふじこkl;…なんじゃこりゃー!

CLUB MED BALI

CLUB MED BALI ハネムーナー特別仕様w

エロい、エロすぎるw うちらそんな雰囲気の新婚さんじゃないんですけどーw

ちなみにハネムーナー特典として、内部の特別レストラン優先利用権(もちろん追加料金不要)、8000円分×2人分のバリニーズマサージ券、ハネムーンフォトプレゼント券が入ってました。さらにさらに、部屋にはスパークリングワインが用意してあります。これもハネムーナー仕様らしいです。

CLUB MED BALI

部屋のいたるところにお花が

部屋の中にはいたるところにお花が配されています。これは凄く好感触。もちろん生花で、毎日摘んできているみたいですね。すごいなあ。

CLUB MED BALI CLUB MED BALI

CLUB MED BALI

ティッシュまで(笑

CLUB MED BALI

ちなみにインターネットも(あんまり早くないけど)走ってますから、最低限のメールチェックぐらいは可能です。なお、有線と無線があって、フロントでIDとパスを発行してもらって利用します。72時間まで無料だとか。なお、無線にはセキュリティがかかっていませんでした。

そんなこんなでこの日はすぐに寝てしまいました。明日が楽しみすぎる!と思いながらの就寝です。

すみません、初日からテンション上がりすぎてしまいましたね…クラブメッドの本気の姿は次のエントリからレポートします。想像を遥かに超える満足がそこに!

2日目に続く!

リンク

バリ島ウブド 楽園の散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 45396
おすすめ度の平均: 5.0

5 とてもいい本です。
5 ウブドだけというのが良い。
5 バリ島ウブド楽園の散歩道
5 ガイドブックというより写真集




 

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_ Amazon提供の最新ランキングを掲載中





この記事が面白かったら、ぜひシェアしてください。
また他の記事も読みに来て下さいね。


この記事といっしょに読むと良さそうな記事を紹介します。



About norio nakayama

ブロガー、ライター、フォトグラファー、アドバイザー。旅メディア「Linkトラベラーズ」編集長。同じく旅メディア「たびねす」ホテルガイド。Yahoo個人ニュースオーサー。Getty Images/iStock 登録Photographer。500px Photographer。JFA公認フットサル/サッカーC級コーチ所有。 合同会社オラニエ代表。同時にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社ブロガー施策担当。 好きなラーメンは味噌とトンコツ。好きな麺の堅さはハリガネ。チャーシューはむしろいらない派。好きなブランドはポールスミス。好きな紅茶はマリアージュ・フレール。足のサイズは26.5cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA